ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

108ノボンノウ

10年目を記念して、「ボンノウ」の数だけ作品をつくりましょう!ということで今回の展示になりました。
ほんとうに108あるの~?で、初日に数えたら108ずつ、216ありました。
d0149342_10421824.jpg

d0149342_10124097.jpg

説明する岡野里香さん。岡野さんのすぐ前の黒陶の作品は「私に聞いて」。耳なのです。耳がたくさん。
d0149342_10132896.jpg

床にも作品が。缶の中には脱脂綿、はりがね、ガーゼ、紙、糸などなどを使った作品。
d0149342_1013968.jpg
d0149342_10135893.jpg

右が「心折れる」左が「おしみなく与ふ」上山榮子の銅版画作品。上山の作品は、雁皮刷りという技法で、いろんな色の和紙を挟みこんで刷ります。同じ版を向きを変えると、全然違った作品になります。
20日には、長野から岡野さんも来られました。「鎮魂」という作品の前で。教会みたい、病院みたい、と感想はさまざま。ベンガラでペイントした部分は血のイメージ、ちょっと緊張する作品。岡野さんを囲んで、にぎやかな初日でした。
d0149342_10242582.jpg
d0149342_10272667.jpgd0149342_10301612.jpg
展覧会はギャラリーびー玉にて 3月30日(金)17:00まで
[PR]
by bi-damas | 2012-03-29 10:38