ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

桜のチーズ

さて、今回びー玉では、はじめて「ヨーロッパのごちそうチーズ」の講座を開催しました。
毎回テーマをかえて、久世雅代さんのお話を聞きながら、チーズをワインといただきます。
d0149342_05671.jpg

きょうは、フレッシュタイプのチーズから。ハチミツとも合います。
d0149342_2348928.jpg

そして、ワインはチリの白ワイン、コノスル。桜の葉の塩漬けを巻いて作られた、北海道の「さくら」と言うチーズ。このチーズはとっても人気があってなかなか口にできません。春の限定ということもあって、先生一押しです。口にいれたとたんに、桜のかおりがひろがります。くせがなくて、まるでチーズケーキのよう。
そして、3番目が「テット・デ・モアンヌ」ジロールという特別のチーズカッターを使います。くるりんと回して花びらのように削ります。花というより、きのこのような香りと味です。ちょっとショックな見た目とのギャップ。
d0149342_23552973.jpg

最後が表が白カビ、中身が青カビというチーズ「カンボゾラ」ドライいちじくといただきます。
今回のチーズはそれぞれはっきり特徴があって、ドラマチックな1時間半でした。チーズが主役って、日常にあんまりないのですが、チーズを食べくらべると、ヨーロッパの食文化をちょっと体験した気分に。
d0149342_005715.jpg


桜にあわせるように、びー玉では、いろんな作品がゆるやかに咲いています。ガラスの器や陶器、新しい生活を彩るタペストリーや版画、もちろんチーズの好きな方もぜひぜひ、足をお運びくださいね。チーズの講座は4月21日と24日もあります。当日電話してお越いただいてもOKです。詳細はびー玉までお問合せください。
[PR]
by bi-damas | 2011-04-20 00:18