ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

タグ:蔵書票 ( 1 ) タグの人気記事

ギャラリーの白い壁を新聞紙で覆って、ハセガワアキコ先生によるコラグラフを体験しました。午前中は、河内長野からきてくれた若いお二人です。版画作品を表紙にしての冊子をつくるそうで、切り絵ならぬ切り文字作品が出来上がりました。
d0149342_12194599.jpg

コラグラフとはコラージュして作る紙の版画です。身近にある牛乳パックなどを版に使います、形や文字を切り抜いて、鉄筆などで、画を描きます。引っ込んだところに油性インクを入れ、銅版画用のプレス機で刷ります。
本来銅版画は、硝酸などの強い腐食液を使いますが、あつかいがむずかしく、アトピーの方などには大問題でした。でも、紙版画だと、気軽にどこででもできますので、小学生などにも体験してもらえます。ただ、何枚も刷りまししたいものには不向きです。せいぜい5枚~10枚しか刷れません。それでも、きょうは蔵書票ということで、午後の部には、銅版画作家さんから、製本や蔵書票が好きだったので、初めて版画をされる方まで4名が集まりました。
d0149342_121675.jpg

原画を描くときは真剣そのものでしたが、インクをつめ、くるりとプレスを回し、めくった瞬間は、わーっという歓声があがり、みんな手をとめて、刷り上り作品の周りに集まりました。2時間はあっという間でしたが、それぞれが刷り上り作品を持って帰ることができました。きっと次は本当の銅版画を体験される人もでてくるかもしれません。
コラグラフをされたい方は、引き続き3月1日(土)10:30からびー玉で体験できます。HP  http://www2.odn.ne.jp/bi-damas/をごらんください。
[PR]
by bi-damas | 2008-02-04 12:21