ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

ワークショップ第2弾

暑い暑いこの夏に、果敢にもワークショップを行いました。はたして、参加してくれる人がいるのか!?と心配しましたが、なんとかいずれのワークも参加者がいて、ほっとしました。
昨年12月から初めて、6回目となったデッサンの会、モデルさんも慣れてきて、今回は飛び入りで1歳半になる男の子も、いっしょにポーズ。7分のクロッキーにモデルをつとめてくれました。
d0149342_133343.jpg

ハセガワアキコさんの紙版画ワーク、今回はまるいものに作品を書きました。不要のCDーRをつかっての版画です。ニードルで意外と簡単に描けます。ドライポイント風にしたい場合はカッターを使います。インクをつめ、ふき取って、プレスという工程は紙版画といっしょです。d0149342_1235496.jpg
d0149342_184019.jpg
d0149342_19397.jpg


さて、びー玉で定期的に行っている布ナプキンのワークですが、市販の生理ナプキンではなく、昔ながらの洗って何回も使う布ナプキンを作ります。ゴミを出さない、経済的、からだにとてもやさしいので、わたしはもっと普及したらいいのに、と思っています。ちくちく手縫いしながら、体のことおしゃべりします。布ナプキンを使うようになってから、生理が嫌ではなくなりました。自分の体がなんだかいとおしくなります。
[PR]
# by bi-damas | 2008-08-12 01:26

古本と蔵書票展

天神祭りで賑わう南森町、びー玉では恒例の古本と蔵書票展を行いました。
天神橋には古本屋さんがとても多くて、びー玉から歩いて5.6分ないに10軒以上の古本屋さんがあります。なかでも、美術書に強い「書苑よしむら」、蔵書票や昭和ものに強い「厚生書店」、大阪色、戦後に力を入れている「矢野書房」の3軒からえりぬきの古本、版画、蔵書票を出していただきました。写真は中原淳一のイラストがとてもモダンな「それいゆ」昭和20年から24年頃のものの1ページです。
d0149342_110234.jpg

蔵書票はベテラン、柳田もとい、吉原米子、森野有子を中心に、銅版画の世界から、ハセガワアキコ(メゾチント)、上山榮子(エッチング2版)がお目見え。また、東京から田中栞(消しゴム版画)、涌田利之(木口木版)が参加。細やかでシュールな涌田作品にはため息がでます。写真は田中作品。
d0149342_1193314.jpg

また、今回初蔵書票だったという吉田コマキの木版画は素朴でかわいい作品です。d0149342_116363.jpg
d0149342_11115083.jpg

個人的には吉原米子の和洋折衷のモダンな作品にはまりました。写真右はリトアニアのビール会社からの依頼のあった書票です。柳田のお宝ファイルは、今回は日本の作家のもの。こちらもめずらしいものばかりで、狭いギャラリーの中は熱気にあふれ、天神橋の夏の夜はふけていったのでした。
[PR]
# by bi-damas | 2008-08-10 11:18

布と遊ぶ 布におもう

d0149342_0101970.jpg
d0149342_0224511.jpg

今回Ishikoroは、とりやさかななどの、新しい仲間が増えました。草木染めも五倍子、茜が増えます。
d0149342_0203930.jpg
キルト、ミシンステッチを生かしたかばんはいいやまじゅんこの作品。より大きく、大胆なかたちに進化していきます。
d0149342_0214883.jpg

定評のある藍染の作品はさとうはるこの織り、かばん仕上げはいいやまとのコラボ。
今回2回目になるコラボレーションは息ぴったりでした。
[PR]
# by bi-damas | 2008-07-06 00:38

小野知美石版画展

アンモナイト、古代魚、とかげ、蝶、果実の種、あるいは花、すべてが石の記憶。小野の作品には遥か原始の頃にまで連れ出されてしまう。まばたきする一瞬のうちに、今度はからだの中の細胞がどくんどくんと動くかんじ。わたしは生まれる前の胎児となり、子宮の海でたゆたう。
d0149342_23191073.jpg

d0149342_2365325.jpg

NY在住の小野が3年ぶりに関西にて個展をおこなった。びー玉では3年前の2人展以来となる。
以前はモチーフの多くが種、花、実だったのに、今回は上記以外に「まひるのそら」のシリーズがある。まひるのそらは空気の層のむこうに、星や月やいろんなものが透けて見える。あるいはさまざまなかたちの雲が見える。小野のそらには、鳥も飛ばず、もちろん飛行機や衛星もないのだが、なんだろう、不思議とあたたかく、豊かな感じがあふれている。そう、あふれている。
今、この関西で石による版画を誰ひとりやっていない(多分)。石版画って?と言う前に小野の作品を感じにきてほしい。6月7日(土)まで13:00から20:00(最終~18:00)
d0149342_23183383.jpg

d0149342_23162042.jpg
[PR]
# by bi-damas | 2008-06-05 23:21

小さな宝物

ガラスの岡小百合さんと絵本豆本のたあつこ=かおりさんの二人展がいよいよ始まりました。
パンチの効いたいぼいぼ水玉が岡さんの持ち味です。「アフリカと都会が合体してる」なんていった人がいました。ナチュラルなかたちと、洗練された色使いでしょうか。d0149342_2225479.jpg
d0149342_2225275.jpg

一方たあつこさんの平面作品は静かなここちよさとほんの少しの暗がり、せつなさが融合して、不思議な世界ができあがっています。写真はOKさんとびっくりさん。ナンだと思います?そういえば、びっくりさんがひょっこり来られました。そう、あなたの隣にいる誰かさん。
d0149342_22293959.jpg
d0149342_223354.jpg

たあつこの小さな本は掌にすっぽり入ります。その愛おしさ。ぜひ、ためしにきてみてください。
5月28日(水)まで 11:30から19:30まで(土・日・最終~18:00)
[PR]
# by bi-damas | 2008-05-22 22:37

鵜飼雅樹個展

「移動アトリエ」をコンセプトに、鵜飼氏の3回目の個展です。
ドローイング、コラージュ、水墨画、とどれをとっても鵜飼氏の息使いが伝わります。楽しげな会話のようなコラージュ。d0149342_2355183.jpg実際会場で制作中、というわけで、金箔、カキシブの紙、和紙、包装紙、カレンダーの裏、などなどが飛び交います。この線はどうやって?との質問に、鵜飼氏はきさくに種明かしします。
d0149342_22592313.jpg

d0149342_2259012.jpg

水墨画はとてもモダン、一騎打ちのごとく緊張感があって、ため息がでます。いい墨をいい硯ですっていると、よいにおいが立ち込めます。
あとは、なんと型押しによるパターンの作品。ドローイングには、パステルも水彩も墨もあり。とっても楽しめる移動アトリエになりました。d0149342_238357.jpg
[PR]
# by bi-damas | 2008-05-04 23:18

Tシャツ展

やっと半そでの季節ですね。びー玉では、GWを前にTシャツ展です。
今年愛媛から参加してくれたMy Fragile HeartさんのドクロTシャツです。タイガープラスバラ、ドクロプラスバラ、とユニークな乙女シリーズ。
d0149342_104090.jpg

シンポユキコさんは、ステンシルをつかった作品。どのTシャツも好きな曲からイメージしたそうです。
d0149342_104421.jpg

名手加奈子さんの作品は子供の絵を使ったTシャツ。親子コラボは去年からのシリーズで、定着しそうです。
d0149342_1042013.jpg

他にも癒し系Tシャツのますやままさるさんの雲シリーズや、脇山智栄ダールさんの草原とひつじシリーズ、もうびー玉ではおなじみとなりました。
中崎町のTシャツギャラリー花音オーナーの小橋貞さんのドラゴン、鳳凰のTシャツは迫力満点でした。今花音さんにいけば、彼のTシャツを着た写真をとってもらえます。写真展は5月末まで。
さあ、GWはTシャツを着てでかけましょう!
[PR]
# by bi-damas | 2008-05-04 10:26

木で遊ぶ

桜、今年は早かったですね。わたしはお花見にいけなかったのですが、通勤のときや、バイト先で子守をしながら公園にいったときとかに見ることができました。で、びーだまも桜や新芽のめぶく木などがテーマです。磁器の器に桜、梅などの絵付けがみごとな荒井翔碧さんの作品
d0149342_2344249.jpg

d0149342_002185.jpgドライフラワーやプリザーブドフラワーで、ユニークな作品作りは、富永敦子さん。写真はコサージュですが、プレゼントに添えても素敵。
d0149342_033979.jpg


木と実とをアレンジして、なぞの昆虫が生息する作品は山口紀子さん。蓮の実に青銅色のさびがついたり、とても木の色が美しくかんじられます。
d0149342_015091.jpg


他に木版画(隅野尚人)、銅版画(上山榮子)植物造形(高井宏子)木のおもちゃや紙漉きの作品(すずかけ)など。実際の桜の開花にあわせての会期になりました。12日まで。
[PR]
# by bi-damas | 2008-04-12 00:08
ベロニークの銅版画には物語性があります。逃げるいのししやハリネズミ、うさぎのかわいそうさが、次の1枚でみごとに逆転します。2枚の繋がりから見えてくるものは、現代の風刺であり、哀しみであり、笑いです。彼女はパリの歴史自然博物館で、古い本の修復や整理にたずさわっています。
d0149342_10142947.jpg
d0149342_102367.jpg
木魚きりんは、nude de nudeというテーマで長年製作しています。木版、リノカットのとても力強い表現です。裸というのは、素直、純粋、命、自然いろいろなものを連想しますが、今回は「命」しかも「命の連鎖」。聞けば、まわりの友人がベビーラッシュで、たくさんの新しい命とであっています。赤ちゃんから力をもらったそうです。
d0149342_10101214.jpg

パリの銅板画と、大阪の木版画、このふたつの組み合わせは、実は2年前の小さな版画展でそれぞれの作品が隣り合わせて展示されたことがきっかけです。互いが版画をはじめたのもほぼ同時期なら、互いが無類の本好き、動物や自然が好き、そしてアナログ派。素朴にして大胆、イメージの豊かなこと、共通するいくつかの印象に、わたしは二人展をそのとき即決めたのでした。
木魚きりんは落語が好きで、お茶と粟おこしが似合う下町のタバコ屋の看板娘さんのようでした。まだ見ぬベロニークさんはどんな人でしょうか。いつの日か、ベロニークさんにお会いしてみたいものです。
d0149342_1028462.jpg

[PR]
# by bi-damas | 2008-03-29 10:30

ファーブルの机展

やっと暖かくなりました。3月下旬からいよいよ虫たちが活動を始めだします。といってもわたしは虫はちょっと苦手。なのでファーブル先生に助けていただきました。ファーブルは「昆虫記」で有名ですが、ふんころがしの研究など、まじめな観察者といったイメージが強いですね。びーだまに集まったたくさんの作品を見ていると、ファーブル顔まけの観察者もいますが、架空の昆虫を創造した田中 修氏の虫女はとてもなまめかしいです。
d0149342_23102086.jpg

三好良彦氏の「新種」「ファーブルのいす」(左)も、いそうでいない虫たちです。
d0149342_23104968.jpg

虫嫌いな人でも、ほっとする高木伸子さんのビーズのアクセサリー。きらきら光る硝子を見ていると、だんだん虫に見えてきました。d0149342_2311115.jpg
日曜はケンタさんのカリンバコンサートや、鈴木明子さんの万華鏡ワークショップがあり、春を先取りしたような、光を暖かく感じる1日でした。他にも革の蝶(北口真美)、木版のくも(ともか)銅版の蛍(粟津謙太郎)虫の写真の万華鏡のごとく(橋本修一)などなど。ファーブルの机展は3月15日土曜まで。(平日13:00~20:00 最終13:00~17:30)
[PR]
# by bi-damas | 2008-03-11 23:22

セレクション展

2008年最初のセレクションは、粟津謙太郎、中村ちとせ、寺田眞理子のビッグ3を中心にびー玉一押しの近松素子、大成舞子、そして海外からはわたしの好きな、ミッシェル・ラッセル、ラウル・ヴェラスコ、コリーン・コラーディを選びました。海外作家以外は全員が銅版画というのも、びーだまでは久々です。3月になるとあちこちで版画展が動き出しますが、このところ版画人口が増えたような気がします。実は銅版画をとりまく環境はきわめて悪く、銅高騰に加えて、紙や絵の具、さらには額なども値があがり、じわじわと芸術活動に支障をきたしています。そんな環境のなかで、ふんだんに版を重ね(粟津)、色を重ね(中村)、パネル仕上げのモノタイプ(近松、大成)と、とてもぜいたくな気分になる展覧会となりました。近松素子作品
d0149342_1512087.jpg

大成舞子作品の前で作家も
d0149342_1581435.jpg

ラウル・ヴェラスコ(メキシコ生まれ、パリ在住)d0149342_1532227.jpg
[PR]
# by bi-damas | 2008-02-28 02:00

風呂敷展

寒い日が続きますね、厚着して外出すれば、暖房の効いた電車の中では汗ばんできて、あとで風邪をひくはめになったりして、こまりますね。わたしは温度調整の為、大きめのストールを持ち歩き、コートの上からでも重ねたり、とったりで、重宝していました。おなじように、50センチ四方くらいの風呂敷もあれば助かります。ケーキとかおべんとうとか、鞄に縦に入れれないものは、風呂敷で包むとほんと便利です。エコバッグを使うようになったら、スーパーのビニール袋が減って、ゴミはすごく減りました。同じように風呂敷派になって、紙袋をもたないようにすると、もっとゴミは減るのではないでしょうか。
なにはともあれ、風呂敷を見直そうということで、ギャラリーびーだまでは風呂敷展をしています。2月5日(火)から16日(土)まで 13:00から20:00(最終~18:00)
d0149342_15471389.jpg

アートになった風呂敷は、アカサカヒロコ(版画)と中妻和子(和布)のコラボレーション。ぜいたくにもシルク着物を継ぎ、大判の風呂敷に。お使い物を包んで着物で出かけるのも、この時期ならではかも。
d0149342_1547508.jpg

脇山智栄ダールは、トルコキリムのお店もしていますが、彼女のジャージーの大きな風呂敷は敷物としても使えます。旅のおともには必須アイテムです。d0149342_15482018.jpg
おなじみIshikoroの柿渋と草木染の風呂敷です。ハーフサイズのてぬぐいなど、使いやすいサイズがいろいろあります。定番「本を包む」ブックカバーもあります。他にも、スハラユリの型染めの風呂敷、ノブコウエダの手描きの鮮やかな風呂敷、竹田録枝のネクタイで作った巾着等、アートとエコロジーな風呂敷展です。
[PR]
# by bi-damas | 2008-02-11 16:01
ギャラリーの白い壁を新聞紙で覆って、ハセガワアキコ先生によるコラグラフを体験しました。午前中は、河内長野からきてくれた若いお二人です。版画作品を表紙にしての冊子をつくるそうで、切り絵ならぬ切り文字作品が出来上がりました。
d0149342_12194599.jpg

コラグラフとはコラージュして作る紙の版画です。身近にある牛乳パックなどを版に使います、形や文字を切り抜いて、鉄筆などで、画を描きます。引っ込んだところに油性インクを入れ、銅版画用のプレス機で刷ります。
本来銅版画は、硝酸などの強い腐食液を使いますが、あつかいがむずかしく、アトピーの方などには大問題でした。でも、紙版画だと、気軽にどこででもできますので、小学生などにも体験してもらえます。ただ、何枚も刷りまししたいものには不向きです。せいぜい5枚~10枚しか刷れません。それでも、きょうは蔵書票ということで、午後の部には、銅版画作家さんから、製本や蔵書票が好きだったので、初めて版画をされる方まで4名が集まりました。
d0149342_121675.jpg

原画を描くときは真剣そのものでしたが、インクをつめ、くるりとプレスを回し、めくった瞬間は、わーっという歓声があがり、みんな手をとめて、刷り上り作品の周りに集まりました。2時間はあっという間でしたが、それぞれが刷り上り作品を持って帰ることができました。きっと次は本当の銅版画を体験される人もでてくるかもしれません。
コラグラフをされたい方は、引き続き3月1日(土)10:30からびー玉で体験できます。HP  http://www2.odn.ne.jp/bi-damas/をごらんください。
[PR]
# by bi-damas | 2008-02-04 12:21

製本と蔵書票展

「紙の宝石」といわれる蔵書票と、いろいろなジャンルの作家さんが作った製本を集めた展覧会です。紙版画(コラグラフ)した紙を、いろいろな折り方でアコーディオン型に製本した、ハセガワアキコさんの本。自らが焼いた陶板を表紙に貼り付けた、「月」テーマの作品集は、河嵜育子さんの本。
染色家のスハラユリさんは、今回はガリ版刷りの作品。映画「Angel」から。ほかにも、見たことのないようなユニークなアーティストブックが並びます。12人のうち9人が製本家中尾エイコさんのところで、1日講習を受けて製作しています。4~5人ずつ2組にわかれたのですが、革の丸背、布表紙のアルバム型、マーブル紙のアコーデイオン、と大きさもページ数も形も素材もばらばらなのに、エイコ先生は次々に的確な指示を繰り出して、1日のうちにすべて完成まで導いてくださいました。ん~、神業ですね!わたしも講習を受けて2回目になるのですが、少しずつ本になっていく過程はとても楽しく、中身の作品を早くセットしたいのに、さらに重しをして3週間くらいじっと待つのです。そしていよいよ堅くしばっていた「帯」を切って、中身をセットしたのは、展示の2日前。製本、中身とも100%自分の作品です、「本」はまた別の人格をもったかのように、存在感をはなつのでした。
d0149342_2153263.jpg

d0149342_21535180.jpg
d0149342_2154530.jpg
[PR]
# by bi-damas | 2008-01-28 21:56

王様とお菓子展

新年を祝うガレットデロア、ということで、小さなオブジェとお菓子をテーマにした
「王様とお菓子展」は終了しました。木彫りの王様とケーキは吉田コマキさんの作品、フェルトのkomakomaさんの王冠をつけたかえる、はりんこ堂さんのゆらゆらねずみなど、かわいい作品がたくさん集まりました。会期中もちろんガレットデロアしました。近くにあるケーキのお店「ムーラタルト」で、焼きたてほあほあのガレットを購入、さて、ギャラリーには7人の人がいて、わたしが切り分けたのですが、あっ!!いきなりナイフで「お人形」を切断!!その部分を中に押し込んで、とにかく8つに切り分け、どこにお人形があるのかわからなくして、じゃんけんで勝った人に選んでもらいました。けっきょく1番最初にえらんだ真理さんがお人形を当て、きょうの王様ということになりました。お人形は陶のバス。くまとかうさぎかな、と思っていたので、意外な気がしました。ガレットはスイートポテトのような味でした。
さて、翌日、今度ははりんこ堂さん(自称おっさんイラストレータ-)がお手製の譲与饅頭を持ってきてくださいました。紅白のうす皮に、いずれも、うさぎやねこ、河童などの顔がえがいてあります。こしあんの甘さもぜつみょうで、その日のお客さまにふるまうことができました。
d0149342_2233524.jpg
d0149342_2235321.jpg
d0149342_2261358.jpg

[PR]
# by bi-damas | 2008-01-20 23:30