ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

掌の小説・掌のアート展

川端康成の、短いお話が120編も集まった「掌の小説」をテーマに、展覧会をしました。銅版画で「手紙」より。ハセガワアキコさん。時計をキーワードにした
d0149342_13185026.jpg
「屋根の下の貞操」より、懐中時計を使ったオブジェ作品です。
d0149342_1320616.jpg

たくさんの珈琲椀は岡野里香さん。「雪」からです。コースターは家次久仁子さん。かべにはスイアンリさんのコラージュ作品。
d0149342_1323171.jpg
d0149342_13235813.jpg
d0149342_13242563.jpg
壁には上山榮子の銅版画、「化粧の天使達」より。幾つかイメージがちりばめられた、まるで万華鏡のようなお話です。
おなじく銅版画は、桐山暁さん。右は「笑わぬ男」より。
d0149342_13281753.jpg

右がえがわ陽子さんの銅版画。登場人物である、メリー、アンナ、百合。左が大場康弘さんの「屋上の金魚」より。女性の表情がとてもいいです。
d0149342_13312225.jpg

さはらあこさんの本は、触れるとさらさらして、雪の感じがしました。表紙はステンドグラスです。いくつかの小説がモチーフになっています。
d0149342_13333855.jpg

スイアンリさんは小さなアーティストということでしょうか。マチスとピカソがモチーフになっています。
d0149342_13354099.jpg

上畑ナオミさんの短歌、父と娘の愛憎を描いた歌です。「めずらしい人」短編集の最後の小説です。
d0149342_13391213.jpg

上畑さんが焙煎した珈琲を岡野さんのカップでいただきます。朗読会には9名が集まりました。d0149342_13405035.jpgd0149342_13413146.jpg
d0149342_13421484.jpg

朗読会は今回で2回目、不思議と読む小説はだぶりませんでした。短いお話は2頁のものがあり、長くても8頁。声を出して読むことで、物語の世界に集中します。聴く方も、珈琲の香りやカップの触りごこちから、立体的に小説と向き合うことができました。師走の慌ただしい時期でしたが、朗読会での3時間は、ゆっくりと心のうちに降りていくことができました。こんな1年の締めくくりもいいな、と思いました。
[PR]
by bi-damas | 2016-12-29 13:53

おかしな本 -2

スハラユリさんは、本をテーマにしたかばんをつくります。今回はちびくろサンボとへんなお茶会(佐々木マキ)
d0149342_11401529.jpg

本を入れる箱は、まりこばこさんの得意分野。今回は折本も作りました。
d0149342_11413139.jpg

本をつかったオブジェ、たてまつふみこさん。
d0149342_11422755.jpg

飛び出す絵本やフラッグブックなど、イラストにも魅了されます、大場康弘さん。
d0149342_114379.jpg

今回は天神橋筋界隈の書店も参加。美術関係に強い書苑よしむらさんからは、木版画の花の図鑑や手漉き和紙の本が。
d0149342_11461959.jpg

いろいろなオブジェを使って本の世界を表します。よりそうさん。
d0149342_11472835.jpg

北極くまのももちゃんのかわいい姿を小さな本に、速水暁子さん。
d0149342_11492712.jpg

他にも絵本展ワンダーブック林林さんから武井武雄の絵本など。スイアンリさん、上山榮子さんなど15作家と2書店の「本まつり」となりました。展覧会のあとは、田中栞さんの豆本ワークショップがありました。
d0149342_11535599.jpg
d0149342_11542715.jpg

2016年は、「豆本と小さな本」「手つくり本まつり」「おかしな本」と3つの手つくり本展で、新しい本作家さんとたくさん出会いました。2017年も手つくり本をとおして、たのしい本の世界をご紹介できたら、と思います。
[PR]
by bi-damas | 2016-12-27 12:00

おかしな本展-1

ユニークな形の本や、飛び出す絵本など、手つくり本が集まりました。
これぞ豆本!宮沢賢治愛にあふれる花まめ書房さん
d0149342_17353249.jpg

小さな巻物は桐山暁さん。エジプトの神様がでてくるお話です。
d0149342_1736398.jpg

岡山から参加したひよ子のハンカチさん。香文や、マトリョーシカに入った豆本がすごい!
d0149342_17375864.jpg

ちょっと大きな本もありました!飛び出す絵本は、玉尾陽子さん。
d0149342_17394930.jpg

貝殻を使った本は、さはらあこさん。漱石の「夢十夜」は、こわごわ開いてしまいます。
d0149342_17405887.jpg

イラストがかわいい、花霞neoさんの豆本。猫の絵本には、愛がいっぱいでした。
d0149342_1743143.jpg

[PR]
by bi-damas | 2016-12-25 17:46