ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

びー玉12周年記念展、21人の小さくていいものが集まりました。おなじみのタマヨシコ。帽子じゃなくて、針山です。
d0149342_17512186.jpg
やっぱり針山は、吉岡幸也。にょろりん針山なのです。
d0149342_17522291.jpg
今回はめずらしく猫のお人形です。松風直美。2つ目がAYUMI猫のお人形。そして川中泰幸の猫時計。桐山暁の猫版画。やっぱり猫尽くし。d0149342_17555178.jpgd0149342_17561081.jpgd0149342_17563997.jpgd0149342_17565832.jpg
d0149342_17582437.jpg
版画、ちいさいといえば蔵書票ですね、やっぱり。川崎無斉の書票。版画はほかにも、アカサカヒロコ、西山和代、山田いつか。写真は大久保真弓、瀬和居孝一、大橋由起子。
d0149342_1828295.jpg
d0149342_1829471.jpg
d0149342_17595945.jpg

フェルトでポップな作品、tsukulibito。小さい?
d0149342_1824056.jpg
革のnamigeの作品も、大きな「小人さん」でした。
d0149342_183397.jpg

d0149342_1835657.jpg
豆本のエトホンhokori、今回は小さなカードもありました。上山榮子も小さな豆本。僅か6cmサイズの和本に挑戦しました。
d0149342_18153052.jpg
d0149342_18161038.jpg
d0149342_1818391.jpg
他にも小さなかばんの家次久仁子、小さな木彫りのお人形の吉田コマキ、小さな巾着やカード入れの谷口千穂、そして小さなガラスの額はまりこばこ。まりこばこのガラスは小さなブローチや、小さな小さな箱など、多彩です。
小さなギャラリーですが、21人の作品が所狭しと並んで、その盛り盛り感がなんとも・・・。「来年もまたやってください」と言ってもらえて、嬉しかったです。ぜひ、ぜひ、「ちいさないいもの」展やりましょう。次回も盛り上げたいです!
[PR]
by bi-damas | 2014-08-11 18:24
昨年「水のいきもの展」をしたところ、出るわ、出るわ「うみうし」「河童」「人魚」とっても楽しい展覧会となりました。そこで今年「水のいきもの」part2をしました。
d0149342_8154972.jpg
「おおっ」とどよめいた小林美幸の極小金魚。キャプションの文字と比べてみてください。
d0149342_8174318.jpg
ユニークな動物達を描く杉本あかり「たにしの婿殿」リアルな手と、タニシの表情のギャップがいいです。
d0149342_8193175.jpg
「龍宮の使い」フナヤマン。水の生き物版美女と野獣です。
d0149342_8205550.jpg
人魚も人気がありました。まりこばこのランプとこばこ。そして今回はどどっとたこづくし。
d0149342_824866.jpg

奥田弥生のセクシータコさん。
d0149342_8245677.jpg
たことうなぎ。2大おいし~い。吉田コマキ。
d0149342_825443.jpg
タコ画伯。トノモミサヲ。
d0149342_8264550.jpg
あじさいがきれいでした。杉本あかりの豆本にも「たこ」が。
d0149342_8272045.jpg
たこじゃなくって、くらげだそう・・・。まりこばこ。
d0149342_8283337.jpg
タコと愛人・・・じゃなくて、たつのおとしご!フナヤマンのリアルたこにはしびれました。思いがけず「たこ」特集に。明石のたこもいいけど、びー玉のたこも夏の定番にしたいです。
[PR]
by bi-damas | 2014-08-10 08:37
恒例の扇子展。いつもこの時期になると、扇子や扇子入れが気になります。花や、柄モノが多いような気がしますが、びー玉はポップなものが・・。(Arlan Huang)
d0149342_9364420.jpg
こちらは版画で直に扇子の紙に刷りました。(右 上山榮子 左 川ばたりえ)
d0149342_9382566.jpg
d0149342_9385730.jpg
原画(桐山暁)も展示します。扇子になったとき、印象が違うのがおもしろいです。下の扇子は奥田弥生。水彩画をパソコンプリントして。
d0149342_940393.jpg
右の作品は写真(Kiyoko Ogawa) 左はCGで、色などをアレンジしたものです。(白木原麻紀)
扇子入れもさまざまです。
d0149342_9463768.jpg
d0149342_9471695.jpg
左がまりこばこ。扇子を入れる箱も。右はMichiko、版画による扇子です。
d0149342_9484123.jpg
こちらも海外から参加の右がBrenda Berkman、左がYONI、ともに版画。
d0149342_9504078.jpg
右が粟津謙太郎、左が西山和世。カキシブは自分でぬったそうです。
d0149342_9513677.jpg
右が三宅由紀
d0149342_952052.jpg
日本画の森岡篤子。画材はさまざまですが、強い色に魅かれます。
d0149342_9534966.jpg
今回はオーソドックスな大場康弘。CGによるデザイン。
d0149342_9535676.jpg
海外から参加のKatsumi Suzuki。こちらも海外からTomomi Ono
d0149342_9561026.jpg
今年は24作家が参加、およそ100本の扇子を展示しました。NYからはいつもグループで18本の特別参加がありますが、手描き、版画、子供の絵など、いつも驚かされます。今年は写真版画のSuzukiさんのが面白かったです。また、ドローイングの川ばたりえさんの明るい色調が、可愛くて素敵でした。この夏も扇子が大活躍しそうですね。
[PR]
by bi-damas | 2014-08-05 10:07