ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0149342_18502945.jpg
猫作家でもある桐山暁さんのコーナー。壁には銅版画作品。
d0149342_18513353.jpg
清水きみこさんは、比較的大きなサイズの本でした。原画がコラージュです。ダイナミックです。
d0149342_18533372.jpg
風琴幻想さんのトンネルブック。小さいけど、しっかり作りこんででいます。
d0149342_18545951.jpg
カラフルなTシャツが壁を飾りました。宮内豆本館さんの豆ノート付きのTシャツ型メモ帳です。小さな鉛筆はシャープペンシルに紙を巻いて作ったそうです。
d0149342_1858216.jpg
武井武雄の本の紹介があった「田中栞さんのお宝みせます」は今回第2回目でした。手がこんだもの、かわいいもの、軽いもの・・・ざっと20冊の本を見せていただきました。あっという間の二週間でしたが、4月の「豆本と小さな本」展に続きます。これらの展示が「姉妹」のように、皆さんに愛される企画になればいいな、と思いました。
[PR]
by bi-damas | 2013-12-12 19:03
会期中には2つのワークショップがありました。1つ目はノブコ・ウエダさんの折って作る本のオブジェです。
d0149342_18243319.jpg
ノブコさんの本のコーナーです。
d0149342_18254182.jpg
もうひとつは田中栞さんの、本邦初になる「丸背の豆帳簿」帳簿は他の製本とは、少しやり方が違います。
d0149342_18265976.jpg
d0149342_18281141.jpg
出来上がりまでもう少し。
d0149342_18291853.jpg
YOKO KAWATAさんの木のブロックで出来た本。表紙はシルクスクリーン。
d0149342_18315148.jpg
キナーゼ青月堂さんの「おかしの本」。ドライポイントの版画作品が・・・ものすごくかわいいです。
d0149342_1833216.jpg
etohonさんの小さな絵本と、キノコノート、鳥のカードなどなど。
d0149342_18351989.jpg
ペガコーンさん。小さな折本、それを入れるフェルトのがま口がかわいい。
d0149342_18364959.jpg
これは、意外でした。鬼束信さんの葉っぱの本。ペンダントになっています。
d0149342_18382814.jpg
これもびっくり。南公二さんの本の指輪。南さんは大きな本のオブジェも作ります。
d0149342_1840452.jpg
大場康弘さんのオブジェ。人物の腰のところに、アクリル板が何枚もはさんであって、奥の絵の魚達が浮きあがって見えます。男性陣は3人だけでしたが、どれも面白い作品でした。大場さんのフラッグブックもよかったです。
[PR]
by bi-damas | 2013-12-12 18:47
豆本展でユニークな本を紹介していますが、今回はもっと範囲を広げて、サイズも自由、開けない本もOK、オブジェとしての本など、なんでもありです。
d0149342_17563693.jpg
吉田コマキさんの木彫りの本。ちゃんとページの筋が・・・。他にも、本を読むくまやかめなど。
d0149342_1758974.jpg
本を入れるちいさなかばん。藍染の綺麗なハギレでパッチワークしています。家次久仁子さんの手仕事。
d0149342_17593956.jpg
こちらはスハラユリさんの本をいれるかばん。大きいです。たっぷり本がはいりそうです。
d0149342_1804687.jpg
光のトンネルブック。稲山ますみさん。
d0149342_1814799.jpg
舞茸社さんの豆本。航空地図の紙を使った表紙がすてきな本です。
d0149342_1833195.jpg
ガーゼを染めてミシンで綴じました。布の本は三宅由紀さん。「写真をクリップで留めたら、アルバムになるね」お客様からアイディアが飛び出します。
d0149342_1863274.jpg
花霞堂さんの眼鏡のトンネルブック。望遠鏡を片手に少年現る!
d0149342_187593.jpg
雛たんすに雛お重。雅で極小の本は、風古堂さん。おせちのお重も「おおっ」とどよめきがあがりました。
d0149342_18115540.jpg
こちらもどよめきました。どーるHONOKAさんのポップアップ豆本。飛び出すアイスクリームや、差し込まれたぜんまいキー、お守り、謎の薬、宝箱のような豆本です。
d0149342_1815438.jpg
左下、ゆいちほさんのコーナーも、フラッグブック、トンネルブック、スターブックなどなど、とってもきらきらしていました。上はYONIさんの作品。真ん中には、本物の本の1ページにドローイングが。下手前がにきまさこさんのオブジェ。つまようじに言葉がかかれていて、順番に読むと、ちゃんとお話しが続きます。
[PR]
by bi-damas | 2013-12-12 18:21

ヒロインはわたし?

私にとってのヒロイン、男子と女子では、やっぱり違いました。
d0149342_1554398.jpg
映画の世界から、マリリンモンローと加賀まり子。見えていませんが、奥田弥生さんのなりきり写真を、上にかざっています。
d0149342_158728.jpg
コラージュのスイアンリさんは「マドンナ」金箔や水晶を貼るのは、いつもどおりですが、今回は手描きです。私はムンクの「マドンナ」を思い出しました。哀しい、美しいヒロインです。
d0149342_1512652.jpg
ガラスで額を造ったのが、まりこばこさん。ヒロインはずばり「お母さん」と小さい頃の自分です。鏡なのは、それぞれ顔を映したら、誰もがヒロインってことで・・・。
d0149342_15144161.jpg
デビルマンに出てくるヒロインだそう。鬼束信さん。男子は、青春時代のヒロインなんですかねえ。旗谷吉員さんはあのアイドルです。
d0149342_15164196.jpg

d0149342_15172524.jpg
namigeさんのストラップやネックレスには、キューピー、双子、猫娘がモチーフに。二口女もいました。
d0149342_15193296.jpg
襟はチンスイさん。つけると女子力が一気にあがります。笑顔がはじけます。やっぱり、「変身」できるのが、楽しい展覧会でした。
d0149342_15232079.jpg
本当に少女の頃の夢だった「キャンディキャンディ」みたくかわいい作品を出してくれたkqnq.Mさんの作品です。
[PR]
by bi-damas | 2013-12-12 15:24

癒されます、ゆるりと。

ゆるり展は春から秋になりました。恒例の吉田コマキさんの木彫りのお人形。てんとう虫やきつね、ミーアキャット、豚、猫など。
d0149342_1418311.jpg

家次久仁子さんのかなりちいさなかばんたち。ポシェットはスマホや携帯が入る大きさでした。バッグインにしてもいいし、おみやげやおやつを入れたり・・・。
d0149342_1419388.jpg
d0149342_142015100.jpg

カキシブのIshikoroさんのコースターの隣には、辻本路さんのせっけん置き、まるで蓮のよう。
d0149342_1422326.jpg
d0149342_1422127.jpg

コマキさんのドローイングもすてきでした。額も手つくりです。緑のリースは辻本さんの作品。これ、陶でできています。
d0149342_14232816.jpg

あざやかな布の曼荼羅。ちくちくちくと・・・。毎朝4時おきで、出勤前に作るそうです。家次さんの風呂敷。
d0149342_14242189.jpg
初日の様子。今年はまだ暑さが残る10月でしたが、やっと秋めいてきた日、殆ど女子会でした。「ゆるり」展はゆっくり時間が流れて、ふ~っと一呼吸できる空間でした。
d0149342_14252411.jpg
d0149342_14254232.jpg

[PR]
by bi-damas | 2013-12-12 14:27