ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

静かな時間

幻像的な少女や、子供を描く大場康弘さんのびー玉での初個展です。書き下ろしの「音のない記憶」音楽を消して、じっと見つめていると、すーっと絵の中にはいっていけるようです。
d0149342_17423093.jpg

大場作品のもう一つの魅力はCGによる作品。こんな風に小さな本になりました。指さきで触れると、やっぱり、すーっと本の中に入って行けます。
d0149342_17424468.jpg
d0149342_1743582.jpg
こちらもCGによる作品。
d0149342_17433548.jpg
左の2つは手描き作品。「とうりゃんせ」に現れた赤い金魚が意味シンです。
d0149342_17441233.jpg
蔵書票。サーカスのシリーズ。
d0149342_17444027.jpg
豆本。ロゴも大場さんのデザインです。とってもかわいい、この作品は、赤ちゃんが生まれた友人にプレゼントしました。そう、大場さんの作品は色がとてもきれいで、静かで、落ち着きます。大場さんはゆっくりの人。寡黙ですが、しっかりと作品を作り上げてゆく人です。作品からは多くのイメージがあふれ出し、受け止める人それぞれが、その世界をゆっくり楽しんで下さったように思います。
[PR]
by bi-damas | 2012-10-29 18:01

時空を越えて

天然石やビーズ、アンティークメタル、フェルトなど、自由に組み合わせてアクセサリーを作る、高木伸子さんの個展です。
d0149342_1723450.jpg
d0149342_17232986.jpg

ボードも50近く並びました。1枚1枚すべて手つくりです。
d0149342_17262720.jpg
縁のレースかざり、それも「クラシック」「ロマンティック」って言えばいいのでしょうか、ため息がでます。中央の「鹿」がご愛嬌ですね。高木さんが個展の為に用意した調度品がユニークです。
d0149342_17285082.jpg
宝箱に、ネックレス。そして、天蓋のある私の部屋、というイメージでしょうか。
d0149342_17306100.jpg
「冒険旅行」がテーマ。時間を越えて、「びー玉」とは違う空間に迷い込んだみたいです。
d0149342_17361436.jpg
ジュエリーひとつひとつ、微妙な色の変化を楽しみます。2つ組み合わせてみたり、ピアスからネックレスまで、時間を忘れて楽しみました。
[PR]
by bi-damas | 2012-10-29 17:40

旅に恋する

旅に出る・・・口にしただけで、わくわくと胸が躍るような気がします。そんな旅好きな人も、そうでもない人も、「旅」をテーマに作品を作りました。
d0149342_10594650.jpg
namigeさんの作品は旅に持って行きたい小物。ポーチやストラップなど。でも、見せたいですよね、ぶらさげたいポーチかも。
d0149342_1105613.jpg
とみながあつこさんのかばん。これは旅にはもっていけません。状差しにはなるかな。秘密のお手紙を隠しておく~?
d0149342_1125670.jpg

びー玉のいつものテーブルの上に、吉岡幸也さんの「飛行船」かすかな音がここちよいです。吉岡さんは瓶などの廃材をつかって、すばらしい造形作品を作ります。銅はたたいてたたいて、うす~くなりました。私も使用済み銅版を提供しました。d0149342_1161053.jpgd0149342_1163653.jpg
d0149342_1165537.jpg
上から鈴木知子さん。銅版画。旅でであった僧侶がモデルとか。高野聖?ちょっとあやしい感じです。次はスイアンリさんの「急行列車」と「月世界旅行」手描きで旅に関する格言が書いてありました。左のが「人生そのものが旅・・・」と言う意味だそうで、列車好きのわたしなので、これはぐっとくる作品でした。最後のが、奥田弥生さんの作品。「映画を旅する」がテーマで7つの映画のワンシーンを作品に。パリ、ニューヨーク、アトランタ、東京・・・。
d0149342_11132866.jpg
ガラスのまりこばこさんは、国旗をモチーフにしました。
d0149342_11135412.jpg
d0149342_1114960.jpg

帽子のタマヨシコさんも、旅に持って行きたいポーチや帽子、かばんなどなど。タマさんの旅カフェは今回はマフィンが中心でした。南国をイメージしたバナナとチョコレートの組み合わせは大人気でした。6時以降はこれで乾杯しまよう、と言っていたのに、お酒に合うトマト(イタリアン?)マフィンは5時までに売り切れました。
ああ、残念!タマさんのスイーツを食べたいときは、伊賀上野に旅に出ましょうか。伊賀牛もおいしいし・・・。
結局「旅は食」「旅は酒」になっちゃうんだな・・・。
[PR]
by bi-damas | 2012-10-13 11:37