ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

25日の製本のワークショッツプでびー玉の2011年の行事は全て終わりました。定員オーバーの4人が受講して、1時から5時半までの延長になりましたが、全員無事に豆本を完成。ほっとしました。
d0149342_11384768.jpg


びー玉の2011年最後の展示は大エロス展でした。今回の出展者は女子が多く、お客様にも「エロスを感じた作品は?」とアンケートしたのですが、ダントツ富満洋子さん(家具、漫画、他)、ナンシーさん(写真)、山口紀子さん(陶)、そして版画のえがわ陽子さん、イラストの奥田弥生さんと続きました。上位2名は2月末に開催の「エロスセレクション展」にまたまた出展していただくことになりました。びー玉9年間の総まとめで、3年連続出展の山本学さん(写真)、個展、2人展など活躍くださった旗谷吉員さん(平面)、書票展では、エロス代表だった林由紀子さん(版画)など、とってもお楽しみな展示になりそうです。
えがわ陽子さんの銅版画。
d0149342_11513150.jpg

壁の作品は奥田弥生さん。
d0149342_1156016.jpg


年初めは1月10日「王様のお菓子展」でスタートします。
では、皆様どうぞよい年をお迎えください。
[PR]
by bi-damas | 2011-12-26 11:57

元気になる~!

びー玉の2011年のラストの展示は「大エロス展」。まずはお馴染みnamigeさんのお人形たち。
d0149342_23321160.jpg

えろ茸とエロタマ・・・山口紀子さん。長野より、おっぱい作品を片手に来られました。
d0149342_23341391.jpg


皆さんに座っていただいた富満洋子さんの椅子。おっぱい付いています。外せます。向こうに見えるのは吉岡幸也作品。酒瓶を使ったシリーズ。
d0149342_2337461.jpg
d0149342_23373171.jpg


「足」は山本学さんの写真。ミステリアスな足に、男子が妄想してしまいます。
d0149342_23452264.jpg

エロスといえば旗谷吉員さん、今回はびっくりするくらい「ノーマル」、あえて写真はあげませんので、ぜひぜひ、見に来てください。ほかにも、男女入り乱れて15人の参加です。版画、水彩画、粘土、ガラス、古本屋さんまで。
d0149342_0312340.jpgd0149342_0365568.jpg


「大エロスなんて・・・ど、どんなん・・・?」どきどきしながら来られた人も、帰るころには「にこにこ」です。そう、みんなすごく元気になって帰っていきます。
笑って、感じて、どきどきして、心もからだもほんわかして、みなさんよい夢みましょうね。
びー玉の大エロス展、12月23日(祝/金)17:00まで
[PR]
by bi-damas | 2011-12-18 00:05

あったか~い1日

ステンドグラスのまりこばこさんは、びー玉初参加、でも、お客様としては古いのです。それでもって、とってもフットワーク軽く、ほぼ2日に1回登場!箱にこだわって、陶でもやっぱり箱だそうです。手前の作品、ブルーと思いきや、透明なふたなのです。下の色が反映して、こんな多様な「青」のハーモニー。
d0149342_036296.jpg

陶は塩田亜希子さんのがお気に入りです。白い磁器に金茶、渋い色あいですが、かたちは女らしくて、手に触れた感じも素敵です。
d0149342_0415964.jpg

びー玉では、久しぶりのさとうはるこさん。千葉に引っ越されてから2度目の登場です。レモングラスを育てて、染めて、織って、ウールの柔らかいマフラーになりました。写真手前はふわふわ手紡ぎ糸の襟。ボタンの穴も自由自在なので、いろんな巻き方OKなのです。
d0149342_04576.jpg

とみながあつこさんの「チョーカー」。花、ボタン、切手、ガラス、羽、本当に何でも使って、みごとな組み合わせっぷり、さすがです。
d0149342_0515637.jpg

今年はウールや織物が多くて、クリスマスというより、冬のお出かけグッズといったかんじのクリスマス展でした。
クリスマスを飾るアレコレは、いまからが本番でしょうか?さあ、プレゼントは何にしようかしら?

びー玉のクリスマス雑貨展は12月2日金曜5時まで
[PR]
by bi-damas | 2011-12-01 01:01