ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

たくさんの方が

絵本を創る展にはたくさんの方が来られました。新聞を見てきてくださった方。すぐに原稿用紙と鉛筆を持って、絵に向かいます。
d0149342_082259.jpg



海外から作品を寄せてくださる方もあります。木版画のミッシェルさんは1週間ごと、できたての絵を送ってこられ、びっくりしました。パリからエアメールで。
d0149342_0114635.jpg

d0149342_014921.jpg

d0149342_0135112.jpg
この2点はNYのミチコさんと、ブレンダさん。2人はとっても仲良しで、びー玉にも遊びに来てくれました。ブレンダさんはつい何年か前までNY市の消防士として働いていました。退職後は好きな絵画や版画制作を。でも、なんとなくスケールのある作品です。

作品も出展し、なおかつ文章も考えて下さる方は何人かいます。両方って、すごいですね。お話しが浮かんでくるんでしょうか?わたしは、1週間ずっと見ていると、やっとひとつかふたつお話しが出来てきます。
d0149342_0163176.jpg
d0149342_0164994.jpg


この展覧会は絵と言葉が違う人によって、創られるのがポイントなんですよ。出展者の粟津さんが「絵と言葉の出会いだね、まさに1語1絵(いちごいちえ)」って言ってくださいました。1人のイメージの世界って、かぎりがあるものね。でも2人の感性が出会って、そこに物語が生まれたら、いったいどんな「絵本」になるのでしょうか。さあ、全作品にお話しがついて、26の絵本が誕生しますように。応募まってます!
[PR]
by bi-damas | 2011-02-24 00:28

絵本の季節です

「絵本を創る」展今年で3回目になりました。
まだ寒いこの時期でしたが、土日はとっても賑わいました。
d0149342_1111440.jpg
d0149342_11114968.jpg

前回のときはまだ「絵本が展示された展覧会だと思った」と来られる方が多かったのですが、今回は書くぞ~と気合満々で来られる方がふえました。そうなんです、会場には原稿用紙も鉛筆もちゃんと置いてますよ。
絵の前に座って、絵と会話しながら、無心に鉛筆を走らせます。

d0149342_11152228.jpg
d0149342_11153721.jpg


会期中にこられなかった人にも、見ていただけるように、2月20日以降に現在開催中の絵をHPに上げます。
4枚の絵を見て、自由な発想でお話しをつけてください。詩、短歌、俳句でもOKです。募集は5月1日まで。その後、集まったお話の中で一番好きなものを各作家にえらんでいただきます。かわいい豆本になるのは一冊だけです。選ばれると、物語を書いて下さった方にも絵本を差し上げます。どうぞチャレンジお待ちしています。
d0149342_11244971.jpg


びー玉での会期は2月13日まで(月曜休み)
1月28日のサンケイ新聞大阪版に載りました。
d0149342_11215013.jpg

[PR]
by bi-damas | 2011-02-05 11:26