ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

チーズ天国

いよいよびー玉ワインバーがスタートしました。チーズプロの久世さんが、プチバスクというチーズを特別の削り機で、ぐる~り!カーネーションのような花びら型のチーズになりました。
d0149342_2038620.jpg
d0149342_20382282.jpg
塩気がすこしありますが、とってもまろやかな味です。もう一つのチーズはサンタンドレ。白カビのチーズですが、柔らかくて、コクがあって、赤ワインにもよく合います。
d0149342_20402377.jpg
丁度ワインを楽しみに来ていたみなさん、久世さんに次々質問します。「チーズの特価って、買って大丈夫ですか」「熟成したほうがやっぱりおいしいの?」「チーズは腐らないの?」どんな質問にも、久世さんはきちんと答えてくださって、わたしも、ワインとの相性など、ばっちりお聞きしました。

さて、この「パリのカフェ展」はひとつ北の筋にある「ル・サロン」さんと合同企画ですが、そちらでは、より本格的なチーズとワインの講座や鵜飼雅樹さんによる「コラージュ作品を作ろう」といったワークショップが開催。
よりパリを感じる展示になっています。
d0149342_20475382.jpg
d0149342_20512292.jpg
鵜飼さんが来られた日にサンケイ新聞が取材にきました。23日(金)の朝刊に載りました。
[PR]
by bi-damas | 2010-07-25 20:54

紅梅町がパリに

7月14日はパリ祭。いつもなら「天神祭」にむけて、熱くなる頃。びー玉では、なんと「しばっちさんの手作り楽器で遊ぼう!」を開催しました。「パリのカフェ」ならぬ「タマカフェ」も。「タマカフェ」ってなんですか?ですって。では、では、説明しましょう。d0149342_22274663.jpg
しばっちさんにアコーデオンの弾き方を教わるタマカフェのママこと、タマさんです。帽子作家ですが、ゴスペル、胡弓もこなすスゴイ人です。もちろんお菓子作りの才能も。今回は「たま」さんの「カフェ」コーナーにて、ゆず塩ガレット、こげキムチガレットなどがあります。チーズとズッキーニとトマトのケーキは、まさにパリの下町を思い起こす味でした。
さあ。演奏会の始まりです。それぞれ好きな楽器を選びます。リード係を決めます。それに合せるように音を重ねていきます。「カチカチカチ」と鳴るベトナムのおもちゃがあったり、インドのタンバリンみたいなのや、しばっちさんが作ったスティールドラム、ケーナ、カリンバ。一人で3つくらい担当する人もいます。ノッてくると、だんだん集中します、歌が出ます!
d0149342_22281372.jpg
d0149342_22282629.jpg

こんな催しのある「パリのカフェ」展はパリにちなんだいろんな作品が展示されます。お茶の時間を楽しくする陶器、ガラスのカップ、カキシブのブックカバー、ワインの入るバッグ、フランスパン入れにぴったりのバッグ、暑中見舞いにいいかんじのカード、個性的かつ他にないアクセサリー、ボタンなどなど。
d0149342_22464341.jpg

d0149342_22471277.jpg

他にもパリ20区のラウルさんのアトリエにいる版画家たちの作品もあります。華麗なドローイングで街角、花、エッフェル塔、クールな女の子たち、くつ、猫を描く鵜飼雅樹氏のドローイングなど。
d0149342_22505547.jpg
d0149342_22511857.jpg
暑いときですが、冷たい白ワインとフランスならではの絶品チーズでお待ちしています!
7月31日(土)まで 13:00~20:00(日・最終~18:00)  月曜と25日(日)休み
チーズが食べれる日は17日(土)22日(木)23日(金)です。チーズプロフェッショナルの久世雅代さんがセレクトしたフランス地方の代表的なチーズが食べれます。また、近くの「ル・サロン」では、久世さんの「フランスの地方のチーズとワイン講座」があります。とっても奥が深くて、ためになる講座です。7月29日(木)30日(金)31日(土) こちらは予約が必要です。
[PR]
by bi-damas | 2010-07-19 23:13