ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

墨の静けさ

岡田佳子の個展が始まりました。2003年から大学のある京都を中心に発表をつづけ、2007年から08年にかけてドイツを巡回してきた岡田佳子の最新作です。
d0149342_11532040.jpg

彼女は、水彩絵具と墨をつかうのですが、独特のマチエール、塗り重ね、墨の滲み、墨の線。それは、見たことのない世界でした。人物のデッサン力、デフォルメの力強さも「確か」です。彼女とであったときは、まだ27歳でした。わたしが見たときはショートカットでしたが、ドイツに行く前は坊主頭だったそうです。さすがベルリンに近い街に行くとなって、坊主は危険だろうと、伸ばしはじめたそうですが、スキンヘッドはトレードマークだったようで、会期中しばしばその話題でもりあがりました。
岡田佳子は「病気、長患い」という意味の言葉をテーマにしていました。彼女にとって絵をかくことは「病気」という意味にちかいそうで、坊主頭にしてしていたことも、通じるものがあるように感じました。大きな病院のコンビニで働いていて、何人もの患者さんから、わたしも坊主頭なんですよ、と親しみをもって接してもらえたそうです。
傷ついている、病んでいる、悩み、たちどまっている。だれもが抱えているものを、彼女の絵から感じますが、
それは、苦しいものではなく、「濾過」「禊」であり、「救い」であり、大きなものに包まれるかんじがしました。
d0149342_1291794.jpg
d0149342_1293191.jpg

展覧会は12月26日(土)まで。月曜休み 平日13:00から20:00まで
[PR]
by bi-damas | 2009-12-20 12:15

温かいクリスマス

まだなんとなく年末というかんじではないですが、そろそろクリスマスなんですよね。ツリーの飾りつけや、新しいカレンダー、額絵を取り替えてみたりなど、など。
中村千鶴さんの手編みのソックス、ベスト、帽子をみんなでかぶりっこ。きれいな色、やさしいウール、とっても気持ちよいです。
d0149342_10493440.jpg

植物アートの富永敦子さんのクリスマスアイテムは、ツリー、リースなど。
d0149342_10504448.jpg

天使がいっぱい空を飛ぶ。石田元さんのクリスマスの物語。
d0149342_10522547.jpg

星いっぺいさんの陶とステンドグラス、木をつかった作品。なんでかな~、登場するのは猫と蛇です。
d0149342_1054749.jpg

他、フクダアキコさんの布小物。来年度のカレンダーや手帳、ふかふか綿入りの携帯ケース、カメラケースは必見!Karen-iroiroさんのカードは40種類!クリスマス以外にも使えるものばかりです。高木伸子さんのビーズのアクセサリー。ガラスビーズの輝きは、とっても大人です。他、びー玉でしか買えないカード類やカレンダー、インテリアにもあう蔵書票など。びー玉のクリスマス雑貨展は、12月12日(土)まで。(7日月曜休み)
[PR]
by bi-damas | 2009-12-04 11:04

美しい人たち

びー玉はときどきエロスな展示もするのですが、旗谷吉員さんから「この秘密の小部屋みたいな空間を生かした展示をしたい」と言っていただいてました。それで満を持しての「幻想劇場」2人展です。今回のお相手は写真家の山本学さんです。山本さんの写真には縛りもなし、山や海の自然もなし、ヌードさえありません。きわめて普通の人の日常のなかのワンシーンなのですが、とんでもなく想像力を刺激されてしまいます。とてもエロティックでどきどきします。
d0149342_10135351.jpg

旗谷さんは今回はおとなしめで、フアンには物足りなかったかも。でも、わたしはシルクのキャミソールのしわとか、ラバー素材の下着のつるつるしたかんじとか、とても面白かったです。むしろ美しいと感じました。美しい作品でした。
d0149342_1017239.jpg
d0149342_10172534.jpg

意外なことに(内容が内容ですからね!)お二人ともブログやHPを作られてなく、お二人の作品を見たいと思ったら、実際にギャラリーに足を運ぶしかありません。今回も「生」で目にしたときの感動や、思いを大事にしたいと思い、写真をブログにあげるのを最小限にしました。出し惜しみします!今回見逃した方はぜひぜひ、次回こそ見に来てくださいね。びー玉のエロス展はまだまだ続きます!
[PR]
by bi-damas | 2009-12-02 10:26