ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

杉本あかりの動物誌

5月の銅版画展は、不思議生き物図鑑ともいえる、杉本あかりの作品が登場です。

今回、わたしが一番気にいったのは、海ほたるがずらりと行列する「こっちの水は甘いぞ」。そのプランクトンを、あかりさんは見たことはないそうです。あかりさんの脳内でのそれは、豆のようなかわいらしい形態、皆手に手にちょうちんを持っています。
d0149342_19463596.jpg

「みてないようで見ている」 タイトルのセンスに脱帽です。
d0149342_19455640.jpg
「お入りください」(左)も好きな作品です。鳥が大きな羽を広げています。その影には、魚が寄ってくるそうです。優しい顔をしていますが、ぱくりとたべちゃうそうです。
d0149342_19451758.jpg

杉本あかりさんの大学時代の作品で「人魚」と言う小品があります。それをかって買わせていただきました。あかりさんは、川上弘美さんの小説「神様」の中に人魚のお話があって、それからイメージしました、とわたしに教えてくれました。わたしはその足で、「神様」を買いに行きました、たしか。
それは、5年前のできごとです。
あかりさんの5年間変わらないスタイルに、驚いています。ゆるぎなさ、根気強さ、それでいてとてもしなやかです。お客さんのちょっといじわるな質問にも、ちゃんとゆっくり答えます。
日曜に富山からお母さん、おばあちゃんも来られました。富山でのあかりさんの日常や、「鈴」にまつわる親子2代のお話などたのしいお話がたくさん飛び出しました。
[PR]
by bi-damas | 2009-05-25 20:10

4月の魚のパート2

さて、「4月の魚」のパート2から。
d0149342_0263065.jpg
d0149342_0271921.jpg

この会期中にワークショップをしたことは、前回述べましたが、近松さんの「もやもや」にしろ、石田さんの「だんだん」にしろ、幾重にも層が重なって、2人の世界はとてもユニークでした。
「嘘」「だますこと」「あいまいなこと」「もや」「水中」「泡」そういったテーマでした「4月の魚」展は、とても癒される空間でした。ジャンルの違う4人の、それぞれの作品がひきたて合って、おもしろかったように思います。
[PR]
by bi-damas | 2009-05-13 00:35
5月6日に、展示中の石田元さんと近松素子さんの二人の作品から物語を作る、というワークショップをしました。そう、「絵本を創る展」の応用です。
d0149342_0223243.jpg
d0149342_23525877.jpg

参加くださったのは、お二人でしたが、お二人とも、1時間で、2~3のお話を作られました。それにはちょっと驚きました。実はわたしは1時間という「枷」があるとだめなんです。「絵本展」のときも、現場主義の方と、家に持ち帰ってじっくり作る、と言う方と2タイプあったんですが、わたしは意外とじっくり派です。まあ、ギャラリーだと、雑用があり、集中できないという理由もありますが。
d0149342_2357086.jpg

このワークショップは、どんなメリットがあるのかな、と考えてみました。まず、好きな作品と向き合える。自分の感情や空想やさまざまな思いを「言葉」により具体化できる。そしてあらわになるのは、今の自分の内面である。また「絵画」と「文字」がコラボする面白さがあります。
限られた時間の中で出来上がるのは、分かりやすい短いお話です。でもこのことで、お話は軽くなり、実は「絵画」のじゃまをしないはぎれのいい、音感のいい文章になるのです。
「現場主義、いいじゃないの!」と思いました。また、次もワークショップをしようと思いました。
[PR]
by bi-damas | 2009-05-13 00:12

「絵本」募集締め切り

2月に行った「絵本を創る展」の物語募集の締め切りが5月2日でした。49の物語が集まりました。最年少のたいせい君はお母さんといっしょに2つ物語を作りました。お姉さんのちひろちゃんは9歳、がんばって3つ物語を作りました。最多で物語を作ってくれたのは大学生のエリカちゃん。パート1に来たときに「全部作ります!」と宣言していましたが、締め切りぎりぎりに14も作って送ってきてくれました。とくに大坪さんのと久野さんのは2つづつ作られました。
d0149342_23182983.jpg

さて、今それぞれの作家さんに物語を選んでもらっています。5月6日に韓国からYONIさんが帰ってこられたので、張さんの分をお渡ししました。中国語に訳すのはむずかしいので、意訳したものをメールで送ります、とのこと。また、マークさんのは、NYの小野さんに送って、英訳していただいて、MICHIKOさんと3人でそれぞれの候補を選んでもらいます。それから、ミッシェルさんのとラウルさんのは全部で5つあり、まる2日かけて英語訳を作りました。これは、夫に助けてもらいました。
d0149342_23401971.jpg

さて、いよいよ絵本作りの見本をこしらえました。6×8センチのミニ本ですが、270冊つくります。表紙は厚紙で作りますが、牛乳パックを使います。ざっと70本の牛乳パックが必要で、もし、牛乳を飲んでおられる方がありましたら、そのパックを分けていただけないでしょうか。上山宅では5日で1リットル(1パック)を飲みますが、1本から4冊しかできません。がんばって飲んでも、全然足りません。パックは側面部分だけでけっこうです。開いて、洗って、乾かしたものを、ギャラリーに持ってきていただけると幸いです。1枚からでもありがたいです、宜しくお願いします。
[PR]
by bi-damas | 2009-05-12 23:48