ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月馬鹿

今週は雨、嵐でまた寒さがぶりかえしてきましたね。
びー玉はpoisson'd avril展、つまり4月馬鹿。
アートだって、嘘をついていいのです。「騙す」がそのままテーマになったのは、富永敦子の作品。履けない靴、
かぶれない帽子、きれないTシャツ。
d0149342_11154371.jpg

小橋貞の手描きTシャツ。今回は水の中、水辺のもの。すいれんや蛙、そしてアロナワ。
お客さまに中に「飼っていた」と言う方が意外と多いのに驚きました。
中には「死んだのをもらって、剥製にしようとした」という方も。
d0149342_11184178.jpg

[PR]
by bi-damas | 2009-04-26 11:17

エロス萌える4月かな?

桜、咲きました!
突風にざわざわ揺れる桜の花びらですが、びー玉の空間はHな作品にざわざわしてしまいます。ペン画のミズタニカエコと銅版画の上山榮子ががっぷり組んでのエロス展です。
d0149342_112238.jpg
d0149342_1059519.jpg

ミズタニの作品。左隅には、それぞれの体位の呼び名が書いてあります。名前は48どころか、100以上あるんだそう。たとえば真ん中のどくろのが「椋鳥」。かわいい名前ですが、意味はちょっとHです。
d0149342_111739.jpg

方や、上山のほうは、いわゆる48手をかなりくずしています。女性が100人いれば100の愛の形があるはず。花札にちなんで12枚のストーリーを作りました。
d0149342_1124564.jpg
お客さまはなぜか女性が多いのです。みんなとてもにこにこして、楽しんでくださいます。いろんな話題がでてきます。上山の「毛皮のマリィ」というタイトルは寺山修司の舞台劇より拝借したんですが、「シャンソンがあるよ、女の人が落ちぶれていく歌詞ですよ」と教えて下さる人がいれば、「こういう題名の官能小説があるよ」と別の人が教えてくださいます。
「花ノ陰陽 ー48の手法ー」展は4月4日土曜6:00までです。
[PR]
by bi-damas | 2009-04-02 11:20