ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まるいもの展パート2

お盆の後半からいよいよパート2がはじまりました。
がちゃがちゃの丸い容器に注目した人がふたりいました。杉野まり作品はその中に丸いふわふわしたオブジェがはいっています。一方久村智美は、かえるのキャラクター「いちろう」が入っています。しかの背中の模様に「まる」を見たのが、さとうかな。手製はんことポストカード。
さて、丸い輪をモチーフに三好良彦作品です。
d0149342_12195153.jpg

帽子作品はタマヨシコ。まるみを帯びた形で、サイズも豊富でとてもかわいい作品でした。髪をポニーテールやおだんごにUPにしたときにつける「シュシュ」はしんぽゆきこの作品。
d0149342_1221285.jpg

馬場陽子作品はなんとトートバッグにフェルトのブローチがついた作品。今回は意外と毛糸作品がいくつかありました。スハラユリ作品は毛糸じゃないけど、厚めの布にステンシルで染めた作品。
d0149342_12274617.jpg

アート系作品は、縫采徹の「太陽」、YONIの「ごはん」Michikoの「たんぽぽ」。Michikoさんのおうちの近くにはたんぽぽがたくさん咲いていて、とてもきれいだそうです。そのMichikoさんが「NYにまるいものを描くストリート作家がいるのよ~!」と紹介してくださったのがバーナード・ザロン。野球のボール、テニスのボール、ゴルフのボールと、みごとなまるづくし。
星一平はステンドグラスと陶や鏡を組み合わせた作品。信太登志子は丸い輪をモチーフにしたシルバーアクセサリー。荒井翔碧は、丸い形の器に、丸い水玉模様。藍の絵付けはいっぺんに涼しくなりました。すずかけWorksは丸い形の額。中になにを入れようか、考えただけで楽しくなります。
「まるいもの展」はびー玉5周年を記念しての「まるづくし」でしたが、丸い形に夏の間ふれていると、「まるい」というのはとても優しい気持ちになるかたちだなあ、といまさらながら思いました。
まるいは和。平和の和。調和の和。「地球が太陽の周りを回るように、わたしたちも人の周りを丸ーい心でまわっていこう」ADOさんが今回のまるいもの展に寄せてくださった言葉の中のひとつですが、とてもよい言葉だなあと思いました。ギャラリーも「調和」の気持ちがないと、いい展示はできません。いろんな人の協力があってこそ5周年を迎えることができたのだなあ、としみじみ思いました。
[PR]
by bi-damas | 2008-09-02 13:04

まるいもの展

今年はほんとうに暑い夏でした。お盆前後に開いているギャラリーはとても少なく、北区界隈では、ギャラリー菊さんとうちだけだったようで、菊さんからこちらへ周ってくださる方が少なからずありました。さて、びー玉にちなんだ「まるいもの展」は、球体のオブジェ、ボール、輪、びー玉、トンボ玉、ボタン、帽子、水玉ととても多様。パート1で目をひいたのは、たこ焼き用の皿(辻本路作品)pith riccaのビニールワークも、ますますパワーUPして、まるいかたちになっていました。
d0149342_11362496.jpg

びー玉そのものを写真にとった末田晃子作品や、大小びー玉をアレンジしてのオブジェは富永敦子作品です。
d0149342_11402217.jpg

丸い穴からおじさんがのぞいているそんなあやしげな「まるいもの」は小橋貞作品。
d0149342_11421840.jpg
透かし彫りというすごい技を見せてくれたのは横田真希。銀版をたたき、半円にして、それから彫り細工をしていきます。半円ずつ作ったら、球体になるように接続します。直径4センチ~5センチくらいの球体のペンダントは、あまりにも繊細なレースのようで、つけるのが怖いです。
南志津代のくるみボタン。(携帯の絵文字もようがかわいかった)森田めぐみもくるみぼたん。(ビーズ、きもの古布を使いゴージャス)布作家の家次久仁子とIshikoroはともに水玉使いの作品。
アンティークセルロイドやビーズを使いパンチの効いた作品のADO HINO。
d0149342_11515951.jpg

版画は小野知美の丸いパネルにしたリトグラフ作品、神田緑の木版画のポストカードサイズ作品。Tシャツはもはやオールシーズン、7分袖Tシャツは名手加奈子。My Fragile Heartのさくらんぼどくろ、お目めぱっちりきりん、アフロ犬のシリーズは、これから大阪でも注目したい作品でした。(アフロで「まる」というのは泣かせます!)久野晴美はふくろうとたんぽぽの綿毛をモチーフに堂々とした作品で、スペースをひきしめてくれました。
d0149342_12104021.jpg

[PR]
by bi-damas | 2008-09-02 12:13