ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

セレクション展

2008年最初のセレクションは、粟津謙太郎、中村ちとせ、寺田眞理子のビッグ3を中心にびー玉一押しの近松素子、大成舞子、そして海外からはわたしの好きな、ミッシェル・ラッセル、ラウル・ヴェラスコ、コリーン・コラーディを選びました。海外作家以外は全員が銅版画というのも、びーだまでは久々です。3月になるとあちこちで版画展が動き出しますが、このところ版画人口が増えたような気がします。実は銅版画をとりまく環境はきわめて悪く、銅高騰に加えて、紙や絵の具、さらには額なども値があがり、じわじわと芸術活動に支障をきたしています。そんな環境のなかで、ふんだんに版を重ね(粟津)、色を重ね(中村)、パネル仕上げのモノタイプ(近松、大成)と、とてもぜいたくな気分になる展覧会となりました。近松素子作品
d0149342_1512087.jpg

大成舞子作品の前で作家も
d0149342_1581435.jpg

ラウル・ヴェラスコ(メキシコ生まれ、パリ在住)d0149342_1532227.jpg
[PR]
by bi-damas | 2008-02-28 02:00

風呂敷展

寒い日が続きますね、厚着して外出すれば、暖房の効いた電車の中では汗ばんできて、あとで風邪をひくはめになったりして、こまりますね。わたしは温度調整の為、大きめのストールを持ち歩き、コートの上からでも重ねたり、とったりで、重宝していました。おなじように、50センチ四方くらいの風呂敷もあれば助かります。ケーキとかおべんとうとか、鞄に縦に入れれないものは、風呂敷で包むとほんと便利です。エコバッグを使うようになったら、スーパーのビニール袋が減って、ゴミはすごく減りました。同じように風呂敷派になって、紙袋をもたないようにすると、もっとゴミは減るのではないでしょうか。
なにはともあれ、風呂敷を見直そうということで、ギャラリーびーだまでは風呂敷展をしています。2月5日(火)から16日(土)まで 13:00から20:00(最終~18:00)
d0149342_15471389.jpg

アートになった風呂敷は、アカサカヒロコ(版画)と中妻和子(和布)のコラボレーション。ぜいたくにもシルク着物を継ぎ、大判の風呂敷に。お使い物を包んで着物で出かけるのも、この時期ならではかも。
d0149342_1547508.jpg

脇山智栄ダールは、トルコキリムのお店もしていますが、彼女のジャージーの大きな風呂敷は敷物としても使えます。旅のおともには必須アイテムです。d0149342_15482018.jpg
おなじみIshikoroの柿渋と草木染の風呂敷です。ハーフサイズのてぬぐいなど、使いやすいサイズがいろいろあります。定番「本を包む」ブックカバーもあります。他にも、スハラユリの型染めの風呂敷、ノブコウエダの手描きの鮮やかな風呂敷、竹田録枝のネクタイで作った巾着等、アートとエコロジーな風呂敷展です。
[PR]
by bi-damas | 2008-02-11 16:01
ギャラリーの白い壁を新聞紙で覆って、ハセガワアキコ先生によるコラグラフを体験しました。午前中は、河内長野からきてくれた若いお二人です。版画作品を表紙にしての冊子をつくるそうで、切り絵ならぬ切り文字作品が出来上がりました。
d0149342_12194599.jpg

コラグラフとはコラージュして作る紙の版画です。身近にある牛乳パックなどを版に使います、形や文字を切り抜いて、鉄筆などで、画を描きます。引っ込んだところに油性インクを入れ、銅版画用のプレス機で刷ります。
本来銅版画は、硝酸などの強い腐食液を使いますが、あつかいがむずかしく、アトピーの方などには大問題でした。でも、紙版画だと、気軽にどこででもできますので、小学生などにも体験してもらえます。ただ、何枚も刷りまししたいものには不向きです。せいぜい5枚~10枚しか刷れません。それでも、きょうは蔵書票ということで、午後の部には、銅版画作家さんから、製本や蔵書票が好きだったので、初めて版画をされる方まで4名が集まりました。
d0149342_121675.jpg

原画を描くときは真剣そのものでしたが、インクをつめ、くるりとプレスを回し、めくった瞬間は、わーっという歓声があがり、みんな手をとめて、刷り上り作品の周りに集まりました。2時間はあっという間でしたが、それぞれが刷り上り作品を持って帰ることができました。きっと次は本当の銅版画を体験される人もでてくるかもしれません。
コラグラフをされたい方は、引き続き3月1日(土)10:30からびー玉で体験できます。HP  http://www2.odn.ne.jp/bi-damas/をごらんください。
[PR]
by bi-damas | 2008-02-04 12:21