ギャラリーびー玉の展覧会


by bi-damas

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

製本と蔵書票展

「紙の宝石」といわれる蔵書票と、いろいろなジャンルの作家さんが作った製本を集めた展覧会です。紙版画(コラグラフ)した紙を、いろいろな折り方でアコーディオン型に製本した、ハセガワアキコさんの本。自らが焼いた陶板を表紙に貼り付けた、「月」テーマの作品集は、河嵜育子さんの本。
染色家のスハラユリさんは、今回はガリ版刷りの作品。映画「Angel」から。ほかにも、見たことのないようなユニークなアーティストブックが並びます。12人のうち9人が製本家中尾エイコさんのところで、1日講習を受けて製作しています。4~5人ずつ2組にわかれたのですが、革の丸背、布表紙のアルバム型、マーブル紙のアコーデイオン、と大きさもページ数も形も素材もばらばらなのに、エイコ先生は次々に的確な指示を繰り出して、1日のうちにすべて完成まで導いてくださいました。ん~、神業ですね!わたしも講習を受けて2回目になるのですが、少しずつ本になっていく過程はとても楽しく、中身の作品を早くセットしたいのに、さらに重しをして3週間くらいじっと待つのです。そしていよいよ堅くしばっていた「帯」を切って、中身をセットしたのは、展示の2日前。製本、中身とも100%自分の作品です、「本」はまた別の人格をもったかのように、存在感をはなつのでした。
d0149342_2153263.jpg

d0149342_21535180.jpg
d0149342_2154530.jpg
[PR]
by bi-damas | 2008-01-28 21:56

王様とお菓子展

新年を祝うガレットデロア、ということで、小さなオブジェとお菓子をテーマにした
「王様とお菓子展」は終了しました。木彫りの王様とケーキは吉田コマキさんの作品、フェルトのkomakomaさんの王冠をつけたかえる、はりんこ堂さんのゆらゆらねずみなど、かわいい作品がたくさん集まりました。会期中もちろんガレットデロアしました。近くにあるケーキのお店「ムーラタルト」で、焼きたてほあほあのガレットを購入、さて、ギャラリーには7人の人がいて、わたしが切り分けたのですが、あっ!!いきなりナイフで「お人形」を切断!!その部分を中に押し込んで、とにかく8つに切り分け、どこにお人形があるのかわからなくして、じゃんけんで勝った人に選んでもらいました。けっきょく1番最初にえらんだ真理さんがお人形を当て、きょうの王様ということになりました。お人形は陶のバス。くまとかうさぎかな、と思っていたので、意外な気がしました。ガレットはスイートポテトのような味でした。
さて、翌日、今度ははりんこ堂さん(自称おっさんイラストレータ-)がお手製の譲与饅頭を持ってきてくださいました。紅白のうす皮に、いずれも、うさぎやねこ、河童などの顔がえがいてあります。こしあんの甘さもぜつみょうで、その日のお客さまにふるまうことができました。
d0149342_2233524.jpg
d0149342_2235321.jpg
d0149342_2261358.jpg

[PR]
by bi-damas | 2008-01-20 23:30